スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手首ジェネレータ






■手首ジェネレータ v1.0

【操作方法】
・マウスドラッグ:指・手首をまわす
・[↑][↓][→][←]:手首全体移動

【実装したかった機能】
・キャプチャ機能
・回転の際、軸を中心とした角度を検知する機能
・線に継ぎ目が出ないように

【目的】
Flash ・ ActionScriptの練習

【用途】
今のところ不明

2010/12/16(木) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0)

AA(A)成長記録 #1.5

前回のエクセルデータを、研究職の友人に見せたところ、
こんなレポートをいただきました。

AA推移データ1 AA推移データ2

なんかスゲー!!!
ゲームのミスカウントデータとは思えないくらい立派になって返ってきました(*´∀`)
誰かにパワポにして学会で発表してほしいくらいです。


聞いた話によると…

1枚目はBP数の推移らしく、
エクセルデータから赤ラインが作られ、
その後、青・緑ラインに変化していくようです。

詳しい事は分からないですが…
どうやら全体的には減少傾向にあるらしいです。
ひとまず安心(・∀・)

2枚目は、「失敗した時でもBP数が下がってきてるよ」の図
まだデータが足りないけど、この図では、
だいたいBP110がクリアの境目になっているらしい。

…最近はBP90でも良く落ちるので、
まだデータが足りないみたいです・・

難抜けできる頃には、どんなグラフになってるのか楽しみです。
もっとデータを集めよう~☆

2010/04/15(木) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0)

AA(A)成長記録 #1

今年に入ってから、CSでAA(A)をプレイした時のBP数をカウントして、
どのような成長(もしくは退化)をみせるのか、記録をする事に。

<AA(A)ミスカウント遷移(1月~3月)>
AA_#1

研究職の友人にこの表を見せると、
「なにこれ、血圧のデータ?」って言われました。
確かに最高と最低があり、実際に血圧は
英語でBlood Pressure=BPというらしいです。

なるほど。
グラフの矢印の辺りから、最高血圧が下がってきて、
非常に健康的なデータになってきました。

EASYは安定してきて、
ノマゲも2回に1回はクリアできるようになったような。

3ヶ月でこの程度。
今作中に難抜けできるだろうか…(続く)

──────────< 以下まとめ >──────────

【心がける事】
・AAの間に高難度曲も混ぜる
 ※3y3s, 蠍, 冥, 嘆き, 不沈艦, 黒Thankyou etc
・低SDプレイ・脱力プレイも積極的に。
・左手が1・2・3鍵を確実に担当できるようにする
・特にスクラッチの後の着地も、3つの鍵盤の上に来るように
・右手も固定で4・5・6・7鍵盤が確実に担当できるようにする

   左 右 右
 ◎ 左 右 右 右
    ↓
   左 右 右
 ◎ 左 左 右 右



【ライバルさんの金言】
・EASY安定→Aランク→ノマゲ安定→難クリア→AAランク
・ノマゲ安定≒難可能
・難抜けに向けて
 - 生き残るポイントは開幕発狂中の2連打は無理に取らない
 - 脱力を心がける
 - スコアは捨てる
 - 中盤発狂は皿を捨ててでもわしゃわしゃする
 - テレンテ中は3or4つ同時押しだけでもしっかり取る
 - 難所以外はノーミスの勢いで回復

【ネットで拾ったコピペ】
「AA(A)成長記録 #1」の続きを表示

2010/04/07(水) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0)

鍵盤の弾き方について考察(仮)

弾き方図解鍵盤の弾き方について考察。(仮)
叩き方大きく分けると、以下の3パターンに分かれる

【腕弾き】
・力強く叩ける。目押しで光らせやすい
・肘から曲がる分、動きが鈍い
・疲れ度:大(二の腕の負担が大きい)
・低速好き?(SUDDEN+:500程度)

【手首弾き】
・多少、慣れと指の打鍵力が必要。
・腕弾きより動きが機敏
・疲れ度:中
・中速好き?(SUDDEN+:250程度)

【腕を曲げずに弾く】
・指の力だけでリズムが刻めるようにならないと難しい。慣れるまで全然光らない
・腕の重みだけで弾くような感覚
・疲れ度:低
・高速好き?(SUDDEN+:50程度)

叩く時のモーションの大きさ順に並べると、
【腕弾き】【手首弾き】【腕を曲げずに弾く】

スコアラー【腕弾き】寄り、
クリアラー【腕を曲げずに弾く】寄りなのでは。

【腕弾き】は動きが鈍くなる分、捌ける量に上限がある。
逆に【腕を曲げずに弾く】は、
譜面読解力さえあれば、どんな譜面でも捌けるポテンシャルはある。

どの弾き方が良いという話ではなく、
・目標がスコアかクリアか
・譜面の密度が多いか少ないか
・乱打系か同時押し系か

など、場面に応じて弾き方を使い分けると、
より高いパフォーマンスを得ることができるのではないかと思う。

2010/03/09(火) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(4)

新モード?

SIRIUSのブログパーツが公開しましたが、気になる点が2つほど。

ブログパーツSIRI

気になる点1つは、3つ目のタブ
確かにPARTYはやってないけど、PARTY枠?
ただ、公式画像も空欄だったので、新モード追加フラグ?

ACでシングルかダブルを決めるときも、
選べるモード枠に1つ空きがあるのが気になってたので、
期待が膨らみます。

もう1つは 段位表記
DP四段って書いてあるところ、現時点では六段。
普通、そこ間違えるかな…

※ちなみに左上の「KONAMI」マーク
マウスオーバーでカーソルが指に変わりますが押せません(^ω^#)
「新モード?」の続きを表示

2009/12/18(金) | 考察 | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。